n-star h-star star

神待ちしていた女性が年下であっても丁寧に接するべき理由とは?

日本では年功序列が根付いており、年下は年上を敬うべきという風潮が今でも強いです。昔に比べるとかなり変わったとされていますが、やはり根っこはそう簡単には変わることがなく、特に会社などでは年功序列が意識されやすいでしょう。

そうしたこともあり、相手が年下だと思ったらつい横柄に振る舞うことがあるかもしれません。横柄とまではいかずとも最初からタメ口を使ったり、相手を子供扱いしたりするかもしれませんが、それは賢いやり方ではありません。

神待ちしている女性には若い人が多いですが、仮に相手が年下であったとしても丁寧に接すると後でいいことがあるでしょう。

年上だからと横柄に振る舞うのは時代遅れ

日本では年功序列が根付いている…これは事実ですが、それを鵜呑みにして振る舞うことが好ましいとは限りません。むしろ若い人には嫌われやすく、「自分は年上だから」と横柄に振る舞うようでは時代遅れだと思われるでしょう。

これは神待ち女性と会話する場合も同じであり、「相手は年下だし、こっちは相手を泊めてあげるから」なんて思って横柄な振る舞いを見せていると、相手にブロックされることもあり得ます。

年上だからこその余裕を見せるのが効果的

もしも年下の神待ち女性を見つけたら、年上だからこその余裕を見せるのが効果的でしょう。相手が年下であってもきちんと敬語を使い、自分のほうが上だといった態度を取らないようにすれば、それだけで相手も安心します。

また、エッチなことに関してもがっつかず、家に招いたらまずはお茶でも出すようにしてください。すぐにセックスがしたいという気持ちは分かりますが、がっついていると年上らしさなんてみじんも感じられなくなるでしょう。

セックスの時もリードすると吉

相手が年下だとセックスでは遠慮することが多いため、しっかりとリードしてあげるのが吉です。女性が積極的なら任せてもいいかもしれませんが、やっぱり年上として相手をリードしたい気持ちもあるでしょうから、それに従って気持ち良くしてあげましょう。

相手を満足させてあげたらもっと雰囲気が良くなり、一晩中愛し合うことも夢ではありません。神待ち女性とは恋人ではないものの、やはりセックスをする以上は愛情を意識するのは大切です。

女性と向き合うときはまず丁寧さを意識

今回お伝えしたことは年下相手に限らず、女性と向き合うときは必要な心がけだと言っても構いません。女性に対して横柄な男になれば、いつまで経ってもいい相手に恵まれないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする