n-star h-star star

神待ち掲示板では曖昧な言葉では正しく伝わらない理由

神待ち掲示板では初対面の男性と家出少女が出会ってすぐにセックスをするのが一般的な流れとなります。
特に神待ち掲示板を利用している家出少女は男性に対して遠慮もありますよね。
そのため男性を傷つけるかもしれないストレートな言葉は言いづらいと思っている人も多いかもしれません。

ですが神待ち掲示板で曖昧な言葉で伝えようと思っても男性には全く伝わりません。
例えば男性のセックスが激しすぎて痛かったり全然気持ちよくなれないとします。
この時に家出少女が「もっと優しくして」と言ったとしましょう。

ですがセックスで優しくするという表現は曖昧で具体的にどう改善すればいいのか男性は言われたところで分かりません。
家出少女からすれば「優しくして」とは「力加減が強すぎるからもっと手の力を抜いて手マンをして欲しい」という意味かもしれません。
もしくはピストン運動が激しすぎる場合は「優しくして」とは「ピストン運動のスピードを落としてゆっくりして欲しい」という意味になります。

このように曖昧な言葉を使ってしまうと同じ言葉でも状況が変わればして欲しい事も変わってきます。
それらを初対面の男性に言葉で説明しなくても察して欲しいと期待する方が難しいと言えるでしょう。

そもそも神待ち掲示板では男性は割と独りよがりなセックスをする傾向があります。
普段パートナーに対しては気を遣って出来ないプレイだったりセフレでもNG行為にしているプレイを家出少女なら出来るだろうと思っているからです。
それは家出少女が百戦錬磨でどんなセックスでも応じられる玄人だからではありません。

風俗嬢であれば仕事としてのプライドもありお金をもらっている以上はお金に見合った働きを見せてくれるはずです。
しかし家出少女は全くの素人です。
下手するとまだ若い事もあり男性のパートナーの女性やセフレよりもセックス経験が少ない可能性もあります。

「そんな相手にハードなプレイを求めても大丈夫なの?」と思うかもしれません。
ですが家出少女はお金がなくて助けてくれる男性がいないと空腹で野宿しなければいけないというもう後がない状況です。
そんな追い詰められた状況であれば男性のセックスの要望も応じざる負えないという心理になってしまいます。

その心理を男性も付け込んでいるからこそ曖昧な言葉だとどんどん男性に都合よく解釈されて好き勝手されてしまいます。
家出少女は最低限の自分の身を守る行為として曖昧な言葉を使わずにストレートな言葉で分かりやすく伝える必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする